シーズ税理士法人
代表社員 畠 真一

シーズ税理士法人代表社員の畠真一です。

これまで税理士として歩んできたキャリアの中で出会った仲間4人で設立したシーズ税理士法人。代表社員に就任できましたことはこれまで出会った全ての方々のお力添えに他ならないと実感しております。まずはこの場をお借りして感謝申し上げます。

今後はお客様一人ひとりに真摯に向き合い、いただいた要望に付加価値をプラスすることで、お客様が安心して次のアクションを起こせるようサポートをさせていただきます。 そうしたお客様と取り組んでいく「将来を考えての行動」一つ一つが次世代に誇れる日本にしていくのだと信じております。

​税理士、銀行員の両方の経験を有する稀有な存在として、お客様に心から信頼していただける税理士、法人となっていけるよう、様々な取り組みへのお手伝いをさせていただきます。

【略歴】

2011年3月:明治大学経営学部会計学科卒業。
2012年8月:税理士法人アーク&パートナーズ入所
2014年9月:EY税理士法人グローバルコンプライアンスアンドレポーティング(GCR)入所
2018年1月:デロイト トーマツ税理士法人ビジネスタックスサービス(BTS)入所
2021年1月:株式会社あおぞら銀行リテール営業統括部ファイナンシャルアドバイザーオフィス入行・ローレンス国際税務会計事務所開設
2022年3月:シーズ税理士法人 代表社員就任

大学在学中に税理士試験の受験を開始。卒業後は都内の会計事務所にて、中小企業・個人事業主の顧問を中心とした業務に従事。

2014年のEY税理士法人への転職を機に、不動産金融に特化した部署において日系・外資系問わず数多くのファンド組成(J-REITスキーム、TMKスキーム、GK-TKスキーム)に携わり、ファンド組成時のストラクチャリングアドバイス、税務意見書の作成から組成後の税務コンプライアンスまでの一気通貫のサービス提供に従事。

デロイト トーマツ税理士法人においては、マネジャーとして日系・外資系金融機関(銀行、証券、保険、リース、アセットマネジメント)や一般事業会社に対する税務顧問業務、税務申告書作成業務のほか、金融商品に関する税務意見書、組織再編成・M&A時におけるアドバイザリー、デューディリジェンス業務、国際税務のコンサルティングに従事。

銀行において富裕層顧客向けに事業承継・相続対策のコンサルティングサービスを提供する部署に所属し、これまでのキャリアから更に幅を広げると同時に個人税理士事務所を開設。関連業種(他士業、FP、保険会社、不動産会社等々)と連携しつつ税理士業務を提供。

税理士としての目線、銀行員としての目線の両方を併せ持った視点でのアドバイスを可能としている。

【趣味】

海外旅行、温泉、釣り(トラウト、シーバス、タイラバ)、ショッピング、007鑑賞

【座右の銘】

明日は明日の風が吹く

【SNS】

↓クリックしていただくと各アカウントに飛びます!↓